お役立ちブログ

7.使い分け可能!“タウンワーク”と“タウンワーク社員”の違い

2015-08-01(土) | お役立ちコラム |

タウンワークは、大きく2つの種類に分けることができます。それは“タウンワーク”と“タウンワーク社員”です。
これらはそれぞれで掲載している求人情報が異なるため、利用する場合は“どのような人材を求めているのか”を明確にして使い分けることが大切です。そうすることで、より効果的な求人募集を実現することができます。

そこでここでは、“タウンワークとタウンワーク社員の違い”についてご紹介します。

タウンワークとタウンワーク社員の違い

タウンワークとタウンワーク社員の違いは、それぞれの特徴に現れています。そのため、まずこれら2つがどのような特徴を持っているのかをご紹介します。

  • タウンワーク
  • タウンワークは、パート・アルバイトや派遣社員などを募集する求人広告を掲載しています。そのため、学生や主婦(主夫)、短期アルバイト生などを募集している企業に適しているといえます。なお、タウンワークはコンビニエンスストアや駅、学校、量販店などに設置されていることが多いため、前述したターゲットへ効果的にアピールすることが可能です。
  • タウンワーク社員
  • タウンワーク社員は、社員のみを募集する求人広告を掲載しています。そのため、「社員として働きたい」と考える人材を求めている企業に適しているといえます。
    そんなタウンワーク社員の読者の約80%は社員志望です。企業が求めるターゲットへと的確にアピールすることが可能なため、高い広告効果が期待できます。

使い分けることでターゲットと的確に狙える

フリーペーパー求人広告“タウンワーク”(タウンワーク・タウンワーク社員どちらも含む)に求人情報を掲載する際は、まずターゲットを明確にしておくことが大切です。そうすることでターゲットへより効率よくアピールすることが可能となります。

もし、パート・アルバイトと社員の両方を募集するのであれば、タウンワークとタウンワーク社員のどちらにも求人広告を掲載することをおすすめします。これにより、学生や主婦(主夫)、フリーター、社員志望の人と、幅広いターゲットへアピールすることができます。

タウンワークを活用して求めている人材をゲット

いかがでしたでしょうか。タウンワークとタウンワーク社員をうまく使い分けることで、求めている人材の確保へと繋げることができます。この点を踏まえたうえで、効果的な求人募集をお考えの企業は、タウンワークの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

6.飲食店やアパレルに最適!タウンワークは20代フリーターが多い

2015-08-01(土) | お役立ちコラム |

フリーペーパー求人広告“タウンワーク”。タウンワークは、求人募集を考えるすべての企業におすすめの広告媒体です。パート・アルバイトをはじめ、派遣社員、正社員など、求めている人材を絞ったうえで募集をかけることが可能です。

タウンワークは、主に駅のホームや売店、書店や量販店、コンビニエンスストア、レンタルビデオ店などに設置されています。こうした場所はすべて、さまざまな年代の人が利用する場所であるため、タウンワークを手に取る人の年代もとても幅広くなっています。なかでも多いのは、20代です。タウンワークは若者を中心に、多くの人に見られています。

タウンワークは20代に支持されている

タウンワークを見ている人のなかで最も多いのは20代です。次いで40代以降、30代、10代となっています。年代だけでなく属性で見ると、最も多いのはパート・アルバイトとして働くフリーター、次いで専業主婦(主夫)、大学生……となっています。また、タウンワークを見ている人の多くが希望する雇用形態は、“アルバイト”ということもわかっています。
この結果から、タウンワークを見ている人のなかで最も多いのは、“アルバイトとして働くことを希望する、20代フリーター”ということがわかります。

20代フリーターに人気のアルバイトとは

上記の結果から、20代から高い人気を得ている“アパレル関係”や“飲食関係”などの企業は、タウンワークへの求人広告掲載に適しているといえます。

アパレル関係が20代から人気を得ている理由は、「ファッションに携わることができるから」というものです。20代というと、ファションに敏感になる年頃といえます。仕事としてファッションに携わることで、ファッションに関する知識を得られたり、自分のファッションセンスを磨いたりすることが可能です。
飲食関係が人気を得ている理由は、「料理を勉強したい」、「接客業に挑戦したい」などさまざまです。飲食関係の職に就くことで料理の基礎や盛り付けなどを学ぶことができ、かつ接客業ならではの言葉遣いや態度を身に付けることができます。

アルバイト募集を考えているアパレル・飲食関係の企業があれば、タウンワークの利用をおすすめします。

アルバイト生を確保する近道

アルバイト募集を考えている企業にとって、多くの“アルバイト雇用を希望する20代フリーター”から見られているタウンワークの活用は、人材確保への近道といえます。もし現在、広告媒体選びで悩んでいるのであれば、タウンワークの利用をおすすめします。

5.タウンワークに求人広告を載せる際の流れをおさえよう

2015-08-01(土) | お役立ちコラム |

タウンワークに求人広告を掲載するためには、いくつかの手順を踏む必要があります。掲載までの流れをあらかじめ把握しておくことで、いざ広告を掲載するときスムーズに進めることができます。
以下では、タウンワークへ求人広告を掲載する際の流れをご紹介します。

タウンワーク 求人広告掲載までの道

スムーズに求人広告を出し、より優秀な人材を確保するためには、掲載までの流れを押さえておくことが大切です。

  • ネットからお問い合わせ
  • 「求人募集を行いたい」、「まだ決定ではないが、タウンワークの利用を考えている」という場合は、ネット上のお問い合わせフォームからご連絡ください。求める人材や指定する条件などは、細かく設定することができます。なお、疑問や質問のお問い合わせも大歓迎です。
  • 直接ヒアリング、申し込み
  • 掲載する求人広告の内容や条件、人材の特徴などについて具体的に把握するために、ヒアリングを行います。営業担当がお客さまへ訪問するため、移動の手間はありません。ヒアリングでは、要望に沿った求人広告の提案や費用の相談なども可能です。契約が決まれば、申し込み手続きが必要となります。営業担当者から申し込みに必要な書類を受け取り、記入します。
  • 具体的な打ち合わせ
  • 多くの求職者の目にとまる広告を制作するために、職場の様子や働く魅力などについて取材を行います。「職場の雰囲気が伝わりやすくするため写真も掲載したい」という場合は、写真撮影も可能です。求めている人材に効果的にアピールできる求人にするためにも、打ち合わせは綿密に時間をかけて行うことが大切です。
  • 求人広告の制作から発行まで
  • 打ち合わせで共有された情報を元に、求人広告の制作へと入ります。取材内容と相違がないように、企業の魅力がよりターゲットに伝わるよう工夫がなされて制作が進められます。制作後は、仕上がった求人広告の原稿に誤りがないか依頼者側でもチェックします。万が一誤りがあれば、修正を依頼することが可能です。なお、広告の発行は月曜日です。
  • 得られた効果を分析
  • 掲載後は、タウンワークを利用したことで得られた効果を細かく分析します。「何人が応募してきたのか」、「各求職者の志望動機は何か」などをデータにまとめて分析することで、次回の求人募集ではさらなる効果が期待できるのです。

安心して任せることができる

タウンワークは、お問い合わせから掲載後までのしっかりとした対応がその特徴の一つとなっています。そのため効率のよい求人募集を安心して進めることができます。

タウンワークの利用を考えているのであれば、上記の流れを押さえておくことが大切です。

4.求人情報誌“タウンワーク”が支持される3つの理由とは

2015-08-01(土) | お役立ちコラム |

仕事を探す際に多くの人が利用する求人情報誌。さまざまな種類がありますが、なかでもタウンワークは多くの求職者から高い支持を得ています。

今回は、数ある求人情報誌のなかでも特にタウンワークが支持される3つの理由をご紹介します。

1.知名度の高さ=信頼できる求人情報誌

タウンワークが数ある求人情報誌のなかから特に選ばれている理由のひとつは、“知名度の高さ”です。
複数の求人情報誌が並んで置いてある場合、そのなかから一冊だけを選んで持ち帰るという人も少なくありません。これは、すべて持ち帰るとなれば荷物がかさばり、処分する雑誌の量も多くなってしまうためです。

数ある求人情報誌のなかから手にとってもらうためには、求職者からの信頼がとても重要なポイントとなります。この点、タウンワークは運営企業の知名度が高いため、自然と信頼性も高くなります。

その結果、多くの人に手にとってもらうことができるのです。

2.エリアごとに分けて求人情報を掲載

他の多くの求人情報誌との違いとして挙げられるポイントが、掲載している求人の種類や数、その掲載方法です。タウンワークは各エリアにいる求職者に役立ててもらうため、エリアごとに分けて求人情報誌を発行しています。

関西エリアには関西エリア版を、関東エリアには関東エリア版を発行しており、掲載する求人情報も各エリアに特化したものばかりとなっています。さらに、求職者が希望する雇用形態に対応できるよう、求人情報はアルバイト募集と社員募集に分けて掲載しています。

このように、幅広いニーズを意識した求人情報誌であるということも、タウンワークが支持される大きな理由となっています。

3.無料で多くの求人情報を得られる

求職者にとって有意義となる情報が無料で得られる。この点もまた、タウンワークが多くの求職者から支持される理由のひとつです。現在はインターネットを利用した求人サイトの人気が高まっていますが、紙媒体の求人情報誌を利用する人も多くいます。自身が気になる求人情報に印をつけておけば、ほかの求人と比較することも容易になります。
こうした利便性の高さは、求人情報誌ならではのメリットといえます。

お金をかけずにほしい情報を得られるタウンワークは、やはり多くの求職者にとって魅力的なものとなっています。

タウンワークを利用して、求職者へ効率よくアピール

知名度・信頼性の高さ、希望エリアに特化した求人情報誌ならではの使いやすさ、無料で利用できるというお得さ。この3つが、タウンワークが高い支持を受け続けている理由です。

多くの求職者に自社をアピールし、優秀な人材を確保したいと考えているのであれば、タウンワークを利用してみてはいかがでしょうか。

3.求人を載せる前に知っておきたいタウンワークが持つ6つの魅力

2015-08-01(土) | お役立ちコラム |

自社の求人情報をより多くの求職者へアピールするためには、多くの求職者から見られている求人情報誌に広告を掲載することが効果的です。この点、タウンワークを利用すれば効率の良い求人募集を行うことができます。

以下では、タウンワークならではの魅力についてご紹介します。

タウンワークの魅力

求人情報誌のなかで、なぜタウンワークがおすすめなのか。その理由として、以下の6つが挙げられます。

1.エリアごとに発行
タウンワークは、関西や関東など各エリア別に求人情報誌を発行しています。自社の求人をアピールしたいエリアに絞って掲載できるため、広告にかかる費用を削減することが可能です。そのため、関西エリアで求人募集をしたいのであれば、関西版タウンワークの利用がおすすめです。
2.手にとってもらいやすい
タウンワークは、フリーペーパーとしてコンビニや書店、駅など、手にとりやすい場所に設置されています。また、無料で配布されていることから求職者は容易に豊富な求人情報を得ることが可能です。こうした理由から、多くの求職者がフリーペーパーを利用しています。利用する求職者の多さは企業にとって、“多くの求職者をターゲットとすることができる”というメリットになります。
3.ネットでも利用可
タウンワークは、求人情報をネットから閲覧することも可能です。求人情報誌かネットか、好みの方法を選んで利用できることから多くの求職者の支持を得ています。ネットが普及している現在、より多くのターゲットを確保するためにはネットを活用することが大切です。
4.掲載プランが選べる
タウンワークには、“選べる2版・選べる3版”、“高校生採用パック”など、いくつかの掲載プランがあります。これらを利用することで広告にかかる費用を削減することができたり、特集ページに原稿を1本無料で掲載できたりと、さまざまな特典を受けることができます。自社の希望に合わせ、最もお得なプランを選ぶことが可能です。
5.掲載方法へのこだわり
タウンワークは、効率の良い仕事探しのため掲載方法にこだわっています。アルバイトやパート経験のない場合は“未経験者歓迎”のページから探す、関西で働きたい場合は“関西エリア”のページから探す、というように、特定の条件や業種、エリアで探せるように設計されています。
さらに特別企画として、季節に合った特集なども組んでいます。このように掲載方法にこだわることで、多くの求職者に興味を持ってもらうことができるのです。
6.ターゲット層が幅広い
タウンワークは掲載される情報の充実度の高さや探しやすさなどから、多くの求職者に利用されています。利用者の幅は広く、学生やフリーターはもちろん、中高年やシニア世代などさまざまです。
こうした利用者の幅の広さは、求人広告を掲載する媒体を選ぶうえで非常に重要なポイントとなります。

多くの人材を確保するために

このように、タウンワークにはたくさんの魅力があります。
費用を抑え、かつ多くの求職者に自社をアピールしたいのであれば、求人広告媒体選びにこだわることが大切です。