お役立ちブログ (お役立ちコラム)

42.新人教育担当者必見! 絶対にやってはいけないNG指導法

新人が入社すると、先輩社員として教育する機会が多くなります。なかには、新人教育を任される人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、新人教育を行う上でやってはいけないNGな指導法まとめについてご紹介します。「自らが学んできたノウハウを新人に伝えたい」という気持ちはあるものの、実際どのように指導していけばいいのかわからない、などと悩んでいる人はぜひご参考ください。

NG指導法

  • 1.やるべきことだけを教える
  • 仕事の全体像を伝えず、ただ単に「はい、これやって」と投げてしまっては、いくら新入社員でもやる気が起きません。新入社員のやる気を引き出すためには、まず仕事の意義を伝え、理解してもらうことが大切です。

    そのため指導する際は、先に仕事の全体像を伝え、そこから細かな手順や内容を伝えるようにしましょう。“やるべきことだけを教える”新人教育に心当たりがある人は、先に仕事の全体像を伝えることを心がけることが大切です。
  • 2.優しい先輩キャラを演じる
  • 新人教育の際、本来の自分を出さずに“優しい先輩”などのキャラを演じている人は多いのではないでしょうか。たしかに、新入社員にとって優しい先輩が指導してくれることは気が楽だと考えられます。とはいえ、人間の本性というのはふとしたときに出てしまうもの。演じている姿と素とのギャップを目の当たりにした新入社員は、当然戸惑ってしまうはずです。

    そもそも新人教育は優しくあるものではなく、厳しくあるもの。そのため、キャラを演じるのではなく、いつもの自分自身で指導することが大切だといえます。また、人によって接し方を変えるのもNG。新入社員全員に対し、素の自分かつ同じ姿勢で指導することが重要です。
  • 3.自分の常識を押し付ける
  • 新人教育の際、新入社員に課題を出すことがあります。このとき、自分の想像を遥かに越え、「どうして余計なことまでしたの?」と思ってしまうようなものを出してくる新入社員もいます。その際、指導の一環として自分の常識を押し通してしまいがちですが、それはNGです。新入社員は、社会人としてのルールが身に付いていなくて当然。そのため、すぐに相手を責めるのではなく、まずは「伝え方が悪かった」と自分の否を認めることが大切です。

    そして、新入社員として努力したことを認め、その上で「がんばったね」などの言葉をかけてあげることが重要だといえます。
  • 正しい新人教育を心がけよう

    間違った新人教育は、新入社員のやる気を損なわせたり、離職に繋がったりします。そのため、新人教育を担当する人、これから先輩社員となる人は、正しい新人教育のノウハウを把握しておく必要があります。ぜひこの記事を参考に、正しい新人教育方法をマスターしてください。

41.絶対に避けたい! モンスター社員の採用を防ぐ3つのポイント

人材を採用しても、職場でトラブルばかり引き起こしていては業務を効率化できません。また、トラブル対応の時間や労力、金銭的なコストはもちろんのこと、社員募集にかかった求人広告費や時間などが無駄になり、企業にとってマイナスとなってしまいます。

そこで今回は、社員募集を行う際に活用できる、モンスター社員の採用を防ぐ3つのポイントをご紹介します。

モンスター社員とは

モンスター社員とは、企業内でトラブルばかりを引き起こす社員を指します。そんなモンスター社員のタイプは、“転職リピーター”と“早期退職タイプ”の2つに分けられます。転職を短期間に何度も繰り返している人は前者、前職を数週間~1、2ヶ月で退職している人は後者に当てはまります。

もちろんなかには、やむを得ず転職や退職を選択した人もいます。しかし、それを何度も繰り返しているなら要注意・警戒レベルといえます。

モンスター社員の採用を防ぐ3つのポイント

モンスター社員の採用を防ぐためには、下記の3つのポイントを知っておくことが大切です。

  • 1.事前に職歴をチェック
  • 転職や早期退職の原因・理由は多種多様です。例えば、仕事の適正がない、職場のミスマッチといったものがあげられます。原因や理由はどうであれ、転職や早期退職を繰り返している人は避けたいというのが本音。苦い思いをしないためにも、履歴書などの職歴を入念にチェックしましょう。転職の有無や前職の勤務期間などを知ることができるため、モンスター社員かどうかの見極めに役立てることができます。
  • 2.デッドラインは14日
  • 採用した人材には入社に必要な書類を提出してもらいます。しかし、なかには「忘れた」などと何かしらの理由や言い訳を並べ、必要書類の提出を拒否する人がいます。このような人はもしかすると、モンスター社員かもしれません。

    必要書類の提出は入社条件の1つです。それを拒否する人には、最悪の場合、解雇処分を下さなくてはなりません。解雇を行う場合は退職日の30日以上前に予告をする、または、30日分以上の平均賃金を支払うよう労働基準法によって義務付けられています。これらを守らなければ、労働基準法違反となってしまうのです。

    しかし、この法律には例外があり、入社14日以内の試用期間中であれば解雇予告を除外できます。必要書類を回収するデッドラインは遅くても14日。これを知っていれば、書類の提出を渋るモンスター社員に太刀打ちすることができます。
  • 3.モンスター社員の傾向とは
  • モンスター社員には、大なり小なり傾向があります。実際にあったケースを一例としてあげると、無断欠勤や複数回の遅刻、セクハラ行為や社用車で頻繁に事故を引き起こすなどがあります。こうしたモンスター社員は、組織のごくごく一部です。重要にすべき点は、そういった人には何かしらの傾向があるということ。もし、過去に前述したようなトラブルを起こしたモンスター社員がいたのであれば、まずはその人たちに共通している特徴を洗い出すことが大切です。

    それをもとに、応募してくれた人材にその特性があるかどうかを見極めれば、自ずとモンスター社員の採用を防ぐことができます。
  • 3つのポイントがモンスター社員対策への一歩

    モンスター社員の採用を防ぐためには、社員募集や面接の段階から見極めを行うことが大切です。これから社員募集を行う企業はもちろん、そうでない企業であっても、ぜひ上記3つのポイントを参考にしてみてください。社員募集や面接、すでに採用している場合であっても、何かしらの対策を講じることができます。

40.5つの方法で新卒の離職率低下を目指す

タウンワークなどの求人誌を見ての応募は、とても喜ばしいことです。しかし、せっかくその人材を採用してもすぐに離職されては本末転倒です。ここでは、新卒採用者の離職率を下げる方法を5つご紹介します。

離職率を下げる方法

  • 1.上司に意見が言いやすい環境を
  • 新卒写真の離職率を下げるには、まず上司に意見が言いやすい職場環境を作ることが重要です。新卒社員のなかには会社や上司、先輩に対して遠慮しがちで、なんとなく息苦しさを感じている人が多いもの。したがって、会社側が積極的にコミュニケーションを取っていくことが大切といえます。具体的な手段としては、定期的に個人面談を実施するのが効果的です。

    なお、個人面談の際は、とにかく新卒社員の声を聞くことが大切です。なんでも話せる上司、相談に乗ってくれる上司がいれば、新卒社員も安心して業務に当たることができます。
  • 2.社員が成長できる環境を作る
  • 新卒社員に「この会社では成長できない」と思われては、離職率が高くなるのは当然。それを防ぐためにも、社員が成長できる環境作りを意識することが大切です。たとえば、業務内容やノウハウなどをチーム内外で共有することが効果的です。

    社員一人ひとりの仕事のノウハウやコツなどを共有することで、悩みやつまづきの解決に役立ちます。同時に、新卒社員の視点を広げることにも繋がります。新卒社員の成長をサポートできるように、こうした取組を取り入れてみるのもひとつの手です。
  • 3.仕事で身につくスキルを共有する
  • 仕事をするうえで、モチベーションは必要不可欠です。新卒社員のモチベーションを高めるためには、仕事で身につくスキルや、そのスキルがどんなことに役立つかを共有していくことが大切です。仕事を任せる際にただ「この仕事を頼む」といって任せるよりも、「この仕事ではこういったスキルが身につくから、頑張ろう」と一言付け加えれば、モチベーションの向上や円滑なコミュニケーション、離職率の低下に繋がります。

    なお、タウンワークに求人広告を掲載する際に、仕事で身につくスキルについてアピールすることも重要です。
  • 4.女性も働きやすい環境に
  • タウンワークに掲載されている求人には、女性求職者に強くアピールしているものも多くあります。女性が働きやすい環境を作ることは、今や社会全体の課題なのです。女性の新卒社員には、そうした職場環境をアピールすることが大切です。

    育休や産休、託児所の有無など、女性にとってありがたい福利厚生や待遇はあるか、どういった取組をしているかを具体的にアピールしていきましょう。タウンワークに広告を掲載する場合は、そうした待遇面を明確に、細かく記載することが重要です。
  • 5.職場の雰囲気を明るく
  • 離職率を下げたいのであれば、社員同士のコミュニケーションが活発で明るい職場を目指すことが大切です。社員やチームメンバーの誕生日を祝ったり、バーベキューなどのイベントを定期的に開催したりして社員同士のコミュニケーションを促しましょう。

    タウンワークをはじめとする求人誌や求人サイトには、こうしたPR点も明記して新卒者にアピールし、職場に定着してもらえるようにしましょう。
  • コツ次第で職場の離職率は下げられる

    いかがでしたか。「新卒社員の離職率が高い」という悩みは、多くの職場でみられるものです。しかし、ちょっとした取り組みや工夫で、離職率は下げることができます。離職率を下げるためにも、まずは少しずつ職場の環境を変えていくようにしましょう。

タウンワークなどの求人誌を見ての応募は、とても喜ばしいことです。しかし、せっかくその人材を採用してもすぐに離職されては本末転倒です。ここでは、新卒採用者の離職率を下げる方法を5つご紹介します。

離職率を下げる方法

  • 1.上司に意見が言いやすい環境を
  • 新卒写真の離職率を下げるには、まず上司に意見が言いやすい職場環境を作ることが重要です。新卒社員のなかには会社や上司、先輩に対して遠慮しがちで、なんとなく息苦しさを感じている人が多いもの。したがって、会社側が積極的にコミュニケーションを取っていくことが大切といえます。具体的な手段としては、定期的に個人面談を実施するのが効果的です。

    なお、個人面談の際は、とにかく新卒社員の声を聞くことが大切です。なんでも話せる上司、相談に乗ってくれる上司がいれば、新卒社員も安心して業務に当たることができます。
  • 2.社員が成長できる環境を作る
  • 新卒社員に「この会社では成長できない」と思われては、離職率が高くなるのは当然。それを防ぐためにも、社員が成長できる環境作りを意識することが大切です。たとえば、業務内容やノウハウなどをチーム内外で共有することが効果的です。

    社員一人ひとりの仕事のノウハウやコツなどを共有することで、悩みやつまづきの解決に役立ちます。同時に、新卒社員の視点を広げることにも繋がります。新卒社員の成長をサポートできるように、こうした取組を取り入れてみるのもひとつの手です。
  • 3.仕事で身につくスキルを共有する
  • 仕事をするうえで、モチベーションは必要不可欠です。新卒社員のモチベーションを高めるためには、仕事で身につくスキルや、そのスキルがどんなことに役立つかを共有していくことが大切です。仕事を任せる際にただ「この仕事を頼む」といって任せるよりも、「この仕事ではこういったスキルが身につくから、頑張ろう」と一言付け加えれば、モチベーションの向上や円滑なコミュニケーション、離職率の低下に繋がります。

    なお、タウンワークに求人広告を掲載する際に、仕事で身につくスキルについてアピールすることも重要です。
  • 4.女性も働きやすい環境に
  • タウンワークに掲載されている求人には、女性求職者に強くアピールしているものも多くあります。女性が働きやすい環境を作ることは、今や社会全体の課題なのです。女性の新卒社員には、そうした職場環境をアピールすることが大切です。

    育休や産休、託児所の有無など、女性にとってありがたい福利厚生や待遇はあるか、どういった取組をしているかを具体的にアピールしていきましょう。タウンワークに広告を掲載する場合は、そうした待遇面を明確に、細かく記載することが重要です。
  • 5.職場の雰囲気を明るく
  • 離職率を下げたいのであれば、社員同士のコミュニケーションが活発で明るい職場を目指すことが大切です。社員やチームメンバーの誕生日を祝ったり、バーベキューなどのイベントを定期的に開催したりして社員同士のコミュニケーションを促しましょう。

    タウンワークをはじめとする求人誌や求人サイトには、こうしたPR点も明記して新卒者にアピールし、職場に定着してもらえるようにしましょう。
  • コツ次第で職場の離職率は下げられる

    いかがでしたか。「新卒社員の離職率が高い」という悩みは、多くの職場でみられるものです。しかし、ちょっとした取り組みや工夫で、離職率は下げることができます。離職率を下げるためにも、まずは少しずつ職場の環境を変えていくようにしましょう。

タウンワークなどの求人誌を見ての応募は、とても喜ばしいことです。しかし、せっかくその人材を採用してもすぐに離職されては本末転倒です。ここでは、新卒採用者の離職率を下げる方法を5つご紹介します。

離職率を下げる方法

  • 1.上司に意見が言いやすい環境を
  • 新卒写真の離職率を下げるには、まず上司に意見が言いやすい職場環境を作ることが重要です。新卒社員のなかには会社や上司、先輩に対して遠慮しがちで、なんとなく息苦しさを感じている人が多いもの。したがって、会社側が積極的にコミュニケーションを取っていくことが大切といえます。具体的な手段としては、定期的に個人面談を実施するのが効果的です。

    なお、個人面談の際は、とにかく新卒社員の声を聞くことが大切です。なんでも話せる上司、相談に乗ってくれる上司がいれば、新卒社員も安心して業務に当たることができます。
  • 2.社員が成長できる環境を作る
  • 新卒社員に「この会社では成長できない」と思われては、離職率が高くなるのは当然。それを防ぐためにも、社員が成長できる環境作りを意識することが大切です。たとえば、業務内容やノウハウなどをチーム内外で共有することが効果的です。

    社員一人ひとりの仕事のノウハウやコツなどを共有することで、悩みやつまづきの解決に役立ちます。同時に、新卒社員の視点を広げることにも繋がります。新卒社員の成長をサポートできるように、こうした取組を取り入れてみるのもひとつの手です。
  • 3.仕事で身につくスキルを共有する
  • 仕事をするうえで、モチベーションは必要不可欠です。新卒社員のモチベーションを高めるためには、仕事で身につくスキルや、そのスキルがどんなことに役立つかを共有していくことが大切です。仕事を任せる際にただ「この仕事を頼む」といって任せるよりも、「この仕事ではこういったスキルが身につくから、頑張ろう」と一言付け加えれば、モチベーションの向上や円滑なコミュニケーション、離職率の低下に繋がります。

    なお、タウンワークに求人広告を掲載する際に、仕事で身につくスキルについてアピールすることも重要です。
  • 4.女性も働きやすい環境に
  • タウンワークに掲載されている求人には、女性求職者に強くアピールしているものも多くあります。女性が働きやすい環境を作ることは、今や社会全体の課題なのです。女性の新卒社員には、そうした職場環境をアピールすることが大切です。

    育休や産休、託児所の有無など、女性にとってありがたい福利厚生や待遇はあるか、どういった取組をしているかを具体的にアピールしていきましょう。タウンワークに広告を掲載する場合は、そうした待遇面を明確に、細かく記載することが重要です。
  • 5.職場の雰囲気を明るく
  • 離職率を下げたいのであれば、社員同士のコミュニケーションが活発で明るい職場を目指すことが大切です。社員やチームメンバーの誕生日を祝ったり、バーベキューなどのイベントを定期的に開催したりして社員同士のコミュニケーションを促しましょう。

    タウンワークをはじめとする求人誌や求人サイトには、こうしたPR点も明記して新卒者にアピールし、職場に定着してもらえるようにしましょう。
  • コツ次第で職場の離職率は下げられる

    いかがでしたか。「新卒社員の離職率が高い」という悩みは、多くの職場でみられるものです。しかし、ちょっとした取り組みや工夫で、離職率は下げることができます。離職率を下げるためにも、まずは少しずつ職場の環境を変えていくようにしましょう。

1 / 912345...最後 »