1.幅広い採用が可能!タウンワークに求人広告を掲載するメリット

2015年8月1日 お役立ちコラム

全国で多数発行されている求人情報誌のなかでも、トップシェアを誇るのがタウンワークです。
フリーペーパーながらも、そのサービスの質の高さで絶大な人気を得ています。以下では、タウンワークに求人広告を掲載するメリットをご紹介します。

幅広い層からの応募が期待できる

タウンワークは、コンビニや駅など多くの人が立ち寄る場所にて無料で配布が行われています。
これにより、手にとって持ち帰りやすい状態をつくっています。多くの人が持ち帰るということは、つまりは多くの人からの応募が期待できるということを意味しています。

タウンワークを利用する求職者は、職種や雇用形態、年齢層もバラバラです。そのなかから面接を行い、人材を選定すれば仕事がより円滑に進むことが期待できます。さらに、多くの求職者から応募があればあるほど、採用者一人あたりの採用コストを抑えることができます。

このように、配布場所の工夫によって得られるメリットは大きいことがわかります。

地元密着で定着率が高い! 欠勤者が出たときにも

多くの求人情報誌は県内全域の求人を掲載していますが、タウンワークの場合はおよそ30分で通勤できる範囲を目安に版(発行エリア)を区切っています。これにより、近いエリアに居住する人からの応募が見込めます。これは求人側にとって、大きなメリットであるといえます。

アルバイトなどを雇っていると、急に欠勤者が出て誰かに出勤してもらわなければならないというシチュエーションが起こりえます。そういったとき、近いエリアに居住する人であれば出勤できる確率は高くなります。求職側にとっても出勤しやすいというのは大きなメリットであり、より仕事を続けやすくなります。

そうなると、退職する可能性が低くなり、再三に渡って求人広告を掲載する必要性も少なくなります。これは、タウンワークならではのメリットといえます。

金曜日でも間に合う! 急な依頼にも対応

月曜日に発行される求人情報誌の場合、土日を挟むため、通常であれば掲載の締め切りは金曜日より前に設定されます。ですが、タウンワークは毎週月曜日に発行されるにも関わらず、締め切りは金曜日までとなっています。そのため、急に求人広告を掲載する必要が出たときにもすぐ対応することが可能です。

急に退職者が出てしまって人手不足になったときにも、タウンワークを利用して求人募集をすれば安心です。

メリットがたくさん! 依頼を視野にいれよう

タウンワークに求人広告を掲載することで、上記のようなメリットが得られます。どの求人情報誌に依頼をするか迷っているのであれば、タウンワークを検討してみましょう。そうすることで、希望に見合う人材が見つかるといえます。