21.アルバイトのやる気をアップさせる 効果的な教育方法とは

2015年10月1日 お役立ちコラム

アルバイトの成長は、企業にとって大きなプラスとなります。しかし、間違った新人教育を行ってしまうと成長する気配がないどころか、やる気がない状態のまま時間だけが過ぎてしまうといったことも考えられます。

そのため、アルバイトの採用に力を入れている企業は今一度、“新人の教育方法”を確認することが大切です。とくに初日に行う新人教育は、アルバイトの成長にとって非常に重要なカギとなります。

新人教育をはじめる前に……

誰であってもアルバイト初日は緊張してしまうものです。もし、企業側が「新しい仲間を歓迎しています」という体制を採っていなければ、新人アルバイトの緊張や不安は募るばかり。やる気アップにも繋がりません。そのため、効果的な教育方法を考える前に企業全体で「あなたを待っていました」、「ようこそ、我が企業へ」というような体制・雰囲気を整えておくことが大切です。

具体的な取り組みとしては、全社員に新人が入ることを伝える、ユニフォームや制服を事前に用意しておく、などが挙げられます。そうすることで、新人アルバイトの士気も高まり、安心感を抱いた状態で初日をスタートさせることができます。

オリエンテーションを実施する

アルバイトをうまく育てることができない企業に多く見られるのは、“初日から満足な説明をせずに仕事を与える”というもの。新人アルバイトへの配慮として、「なにか分からないことがあったら、いつでも聞いてね」などと言葉をかける企業も多いですが、新人にとっては、分からないことが分からないのです。その状態のまま与えられた仕事に取り組んでしまうと、案の定ミスをしてしまいます。

こうした悪循環を改善するためには、初日の段階でオリエンテーションを行うことが大切です。企業で定めているルールや約束事などを共有することで、アルバイトの不安を軽減させることができます。また、仕事内容を具体的に説明しておくことで、ミスやトラブルの発生を未然に防ぎ、かつやる気アップに繋げることが可能です。

ちなみに、オリエンテーションは、「これから一緒に頑張っていこう」と、企業側の気持ちを伝えるチャンスの場でもあります。新人アルバイトにとっても、企業側にとっても意味のあるオリエンテーション。アルバイトを成長させるための教育方法のひとつとして、ぜひ取り入れてみてください。

新人教育は重要な要素のひとつ

いかがでしたでしょうか。アルバイトの教育は、その人材をいかに成長させるか、いかに企業に貢献させるか、という点で非常に重要になってきます。そのため、初日から気を抜かず正しい教育方法を意識することが大切です。

今回紹介した効果的な教育方法を踏まえたうえで、今一度“新人教育”について考えてみましょう。