22.紙面はもちろん テレビやラジオも利用したタウンワークのPR活動

2016年1月26日 お役立ちコラム

求人募集のため、求人誌を利用する企業は多くあります。その際、選ぶ求人誌によってどれだけの人に企業をアピールできるかが異なります。この点、タウンワークは独自でさまざまなPR活動に取り組んでいるため、より多くの人に手に取ってもらえる求人誌であるといえます。

以下に、タウンワークが行っているPR活動をいくつかご紹介します。

テレビやラジオを積極的に利用

求人誌は言わずもがな紙を媒体にした求人です。紙媒体の広告は実際に手に取ってもらえないと意味がないもの。そこでタウンワークは多くの人の興味を惹きつけるため、テレビやラジオといったメディアを利用してタウンワークそのもののPRを行っています。

CMでは人気アーティストを起用するなどして、就活中の人のみならず若者から中高年まで多くの人々の注目を集めることに成功しました。またCMで“アルバイト”をアピールするオリジナルソングを流すことで、視聴者に「アルバイトといえばタウンワーク」とイメージしてもらうことにも成功しました。こういった大胆なPR活動が、現在のタウンワークの高い知名度につながっているのです。

マスコットキャラで若者のハートをゲット

堅苦しく文字だけを並べているよりも、イラストや写真を取り入れることで若者が手に取りやすくなります。そこでタウンワークが取り入れたのが、パッと目を引くマスコットキャラクター“ジョブーブ”です。

さまざまな表情を見せたり、語尾に「ブ」をつけたりと個性的で可愛らしい豚のキャラクターは、若者の興味をタウンワークへ惹きつけるため大いに効果を発揮しました。その人気はジョブーブを主人公にした絵本が制作されるほど。このPR活動により、若者の心に「タウンワークは手に取りやすい求人誌」という印象を植え付けることに成功したのです。

緑色を使ってフレッシュ感をアピール

生えたての若葉を連想させる緑色。タウンワークは見出しの項目に緑色を使うことで、求人誌を手に取った若者にフレッシュ感をアピールしました。

求人を探している若者の目に緑色が入るよう工夫することで、「積極的に求人に応募しよう」という気持ちへつなげてもらうことに見事成功したのです。些細なことではありますが、若者の求人応募を促すためにはこういったPR活動がとても大切だといえます。

どれだけの求人応募を見込めるかが重要

上記以外にも、タウンワークは知名度アップのため、多くの人に手に取ってもらうため、さまざまなPR活動を行っています。求人誌の利用をお考えなら、いかに「多くの求人応募が見込める求人誌か?」という点をしっかり意識しましょう。