27.掲載する前に知っておくべき 求人広告の5つの基本

2016年1月28日 お役立ちコラム

タウンワークなどの求人誌・求人サイトに広告を掲載するうえで、基本を把握しておくことはとても大切です。基本を無視した求人広告は、応募が全く来ないという事態を招きかねません。
ここでは、求人広告をタウンワークなどに出す際に知っておくべき基本事項をご紹介します。

5つの基本を押さえて広告の作成を

タウンワークに掲載する求人広告を作成しても、基本が押さえられていないと人材が思うように集まりません。時間とお金を無駄にしないためにも、以下のポイントを抑えて求人広告を作成・掲載しましょう。

  • 1.現状の把握をしたうえで、募集内容の設定を
  • 求人を作成・掲載する前に、まず会社の現状を把握することが大切です。会社の雰囲気はもちろん、どんな募集背景があるのか、どういった人材が不足しているのか、といった点などを客観的に把握し、募集内容の設定に活かしましょう。
  • 2.会社のアピールポイントを深掘りする
  • “どんなアピールポイントを伝えたいのか”という点を明確にしましょう。“給与待遇がいい”、“福利厚生が充実している”などのアピールポイントと、それを裏付ける客観的なデータやエピソードなどを深掘りしていく必要があります。そうすることで、求職者に“どんな魅力がある企業なのか”という点を具体的に伝えることができます。
  • 3.ターゲットを明確に
  • いくら魅力的な求人広告を作成しても、ターゲット設定が甘いと求めている人材はなかなか集まりません。そうならないためにも、求めている人材を具体化するようにしましょう。“出身や住まいはどこか”、“どんな軸を持って仕事を探しているのか”、“どういった不満や不安を持っているのか”など、ターゲットの考え方や価値観を想定して広告を作成することが大切です。くわえて、ターゲットの立場に立って広告を作成することも忘れずに。とくに、“この会社に就職することで何が得られるのか”、といったポイントをアピールすることが重要です。
  • 4.ほかの求人を参考にしてみる
  • タウンワークには、日々さまざまな求人広告が掲載されます。広告作成が苦手であれば、まずはそういったほかの求人広告を真似してみるのもひとつの方法です。「同業者の求人広告は、どんなキャッチコピーを使っているのか」、「どんなレイアウトになっているか」といった点を参考にすることで、どのようにアピールをすればいいのかがわかってきます。
  • ・最後に確認を
  • 求人広告を作成し終わったら、全ての仕事が終了するわけではありません。最後に念入りな確認・校正を行う必要があります。誤字脱字のチェックはもちろん、“ターゲットがぶれていないか”、“事実と異なる事項が記載されていないか”といった点もきちんと確認しましょう。
    また、タウンワークなどに掲載されている同業者の求人広告と比較することも大切です。“同業者の広告と自社の広告では何が違うのか”という点を客観的に見るようにしましょう。

人材不足解消の糸口

求人広告は、求職者に自社をアピールするための手段です。人材不足を解消するために必要な手段でもあるので、求人広告の基本は押さえておくようにしましょう。