35.人材を失わないために・・・ 離職率の低い企業の特徴とは?

2016年1月28日 お役立ちコラム

“離職率が高い”というイメージは、企業にとって非常にマイナスです。最悪の場合、求人への応募が全くこないという事態を招く恐れがあります。離職率の低い企業にしていくためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

そこで以下にて、離職率の低い企業に共通する特徴をご紹介します。

社員が快適に仕事できるよう配慮する

自社の離職率を低くする方法として、実際に離職率が低い企業を真似てみることをおすすめします。その理由は、離職率の低い企業にはある“共通する”特徴があるためです。

まず参考にするべき点として、有給休暇の取得率の高さが挙げられます。離職率が低い企業は共通して、有給休暇を“社員のリフレッシュのために必要不可欠なもの”と考えています。つまり、社員に適度な休暇、リフレッシュできる時間を与えることこそが、離職率の低下に繋がるのです。社員一人ひとりが、心に余裕を持って仕事をこなせるような環境を作ってあげることで、離職率の上昇を防ぐことができます。

そしてもうひとつの特徴として、良好な人間関係が挙げられます。離職率が低い企業は、社員同士のコミュニケーションが円滑に行われています。同僚はもちろん、上司や部下と楽しくコミュニケーションをとることができる雰囲気であれば、職場にいるのが楽しくなり、「辞めたい」という感情も薄れるはず。離職率を下げたいと考えている企業は、社員同士の食事会を適度に設けるなどして、社員同士の接点を増やすことを意識しましょう。

これら離職率の低い企業の特徴を参考にすることで、自社の離職率を下げることができます。ぜひご参考ください。

ボウリング大会やバーベキューもおすすめ

前述した特徴と併せて実践してほしい取り組みとして、ボウリング大会やバーベキューなどのイベントが挙げられます。この取り組みは、「定着率を高めたいけど、あまり経費はかけたくない」という企業にとくにおすすめです。ボウリングであれば時間にして1~2時間程度、経費もそれほどかからないため、気軽に行えます。チーム対抗戦にしたり、景品を用意したりすれば、盛り上がりを見せること間違いなし。楽しいイベントを社員同士で共有することで、「この会社にいてよかった」、「これからも頑張ろう」という気持ちを持ってもらえるはずです。

退職を考えさせないような環境を作ること

社員の離職率を下げたいと考えているのであれば、社員一人ひとりが無理なく仕事ができ、かつ居心地のよい職場環境を作ることが大切です。ぜひこの記事を参考に、離職率低下に努めてみてください。