37.タウンワークで若手の求職者をゲット そのために知っておくべき3つのコツとは?

2016年1月29日 お役立ちコラム

企業において、新しい人材の獲得は非常に重要です。とくに次世代を担う若手を採用することは、企業が長く生き残るために必須だといえます。若手の求職者を効率よく採用するためには、まずタウンワークなどに求人広告を掲載することが大切です。

そこで今回は、若手の求職者にアプローチできる求人広告にするためコツをご紹介していきます。

興味をくすぐり、安心感を与える

タウンワークなどに掲載する求人広告には、仕事内容を明記しなければなりません。その際、ただ単に仕事内容を紹介するのではなく、興味や安心感を持ってもらえるような工夫を加えることが大切です。この点を踏まえ、押さえておくべきコツは以下の3つです。

  • 1.仕事の流れを伝える
  • 若手の求職者は、社員・アルバイト問わず、職に就く経験が浅いと予想できます。未経験者の場合、仕事の流れをうまく想定することができないため、仕事自体に不安を感じて応募に消極的になってしまう可能性が高くなります。そのため、求人広告には1日の仕事の流れを明記しておくことをおすすめします。そうすれば、若手の求職者に安心感を与えることができます。
  • 2.研修期間をアピール
  • 「自分にできるだろうか」、「足手まといになってしまうのでは」など、未経験の仕事に対して不安を感じる求職者は少なくありません。そのため、タウンワークなどに掲載する求人広告は、求職者の不安を解消できるような内容にすることが大切です。基本情報に加え、“充実した研修制度”、“未経験でもスキルアップが可能”など、若手の求職者が前向きになれるような文言を添えましょう。
  • 3.先輩の声を届ける
  • 求職者は、企業の姿がベールに覆われていればいるほど不安を感じてしまいます。その不安を払拭するためには、実際に企業で働く社員の声を届けることが大切です。先輩となる社員に、入社前と入社後の気持ちの変化や仕事のやりがいなど、若手の求職者が興味を持てるような項目をインタビューし、それを求人広告に掲載しましょう。
    そうすれば、若手をはじめとする多くの求職者から応募が来るはずです。また、たくさんの応募のなかから、より優秀な人材を採用することができます。このようなことから、求人広告に社員のインタビュー記事を掲載することが効果的であるといえます。
  • 時代にあわせて、個性的に

    タウンワークなどに求人広告を掲載する際は、ありがちな表現ではなく個性的な表現を意識することが大切です。とくに“褒めて伸ばす”、“個性を生かす自由な社風”など、個々を尊重する今の時代に適した表現がおすすめ。若者を意識した求人広告にすることで、若手求職者へピンポイントにアプローチでき、人材を集めやすくなります。

    より多くの人材と出会うために

    求人広告は、若手の求職者に興味や安心感を持ってもらえるような内容にすることが大切です。そうすれば、応募数を増やすことができます。タウンワークなどに求人広告を掲載する際には、ぜひ上記のコツをご参考ください。