6.飲食店やアパレルに最適!タウンワークは20代フリーターが多い

2015年8月1日 お役立ちコラム

フリーペーパー求人広告“タウンワーク”。タウンワークは、求人募集を考えるすべての企業におすすめの広告媒体です。パート・アルバイトをはじめ、派遣社員、正社員など、求めている人材を絞ったうえで募集をかけることが可能です。

タウンワークは、主に駅のホームや売店、書店や量販店、コンビニエンスストア、レンタルビデオ店などに設置されています。こうした場所はすべて、さまざまな年代の人が利用する場所であるため、タウンワークを手に取る人の年代もとても幅広くなっています。なかでも多いのは、20代です。タウンワークは若者を中心に、多くの人に見られています。

タウンワークは20代に支持されている

タウンワークを見ている人のなかで最も多いのは20代です。次いで40代以降、30代、10代となっています。年代だけでなく属性で見ると、最も多いのはパート・アルバイトとして働くフリーター、次いで専業主婦(主夫)、大学生……となっています。また、タウンワークを見ている人の多くが希望する雇用形態は、“アルバイト”ということもわかっています。
この結果から、タウンワークを見ている人のなかで最も多いのは、“アルバイトとして働くことを希望する、20代フリーター”ということがわかります。

20代フリーターに人気のアルバイトとは

上記の結果から、20代から高い人気を得ている“アパレル関係”や“飲食関係”などの企業は、タウンワークへの求人広告掲載に適しているといえます。

アパレル関係が20代から人気を得ている理由は、「ファッションに携わることができるから」というものです。20代というと、ファションに敏感になる年頃といえます。仕事としてファッションに携わることで、ファッションに関する知識を得られたり、自分のファッションセンスを磨いたりすることが可能です。
飲食関係が人気を得ている理由は、「料理を勉強したい」、「接客業に挑戦したい」などさまざまです。飲食関係の職に就くことで料理の基礎や盛り付けなどを学ぶことができ、かつ接客業ならではの言葉遣いや態度を身に付けることができます。

アルバイト募集を考えているアパレル・飲食関係の企業があれば、タウンワークの利用をおすすめします。

アルバイト生を確保する近道

アルバイト募集を考えている企業にとって、多くの“アルバイト雇用を希望する20代フリーター”から見られているタウンワークの活用は、人材確保への近道といえます。もし現在、広告媒体選びで悩んでいるのであれば、タウンワークの利用をおすすめします。